• 今村翔吾
時代小説作家

今村翔吾(いまむら・しょうご)

生年月日
1984年生まれ
出身地
京都府 (滋賀県在住)
その他
1984年京都府生まれ。滋賀県在住。「狐の城」で第23回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞を受賞。デビュー作『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社文庫)で2018年、第7回歴史時代作家クラブ・文庫書き下ろし新人賞を受賞。「羽州ぼろ鳶組」と「くらまし屋稼業」(ハルキ文庫)は、続々重版中の大人気シリーズ。
同年、「童神」で第10回角川春樹小説賞を、選考委員(北方謙三、今野敏、角川春樹)満場一致の大絶賛で受賞。「童神」は『童の神』と改題し単行本として刊行(角川春樹事務所)。多くのメディアで大絶賛され、第160回直木賞候補にもなった。他の著書に『てらこや青義堂 師匠、走る』(小学館)、初の現代小説『ひゃっか! 全国高校生花いけバトル』(文響社)がある。

BIOGRAPHY

NEWS

最新情報はありません。