• 大澤タカヒロ
  • 大澤タカヒロ
マーケティングプロデューサー・シニアライフコンサルタント 業務提携

大澤タカヒロ(おおさわ・たかひろ)

その他
株式会社オヤノコトネット:https://www.oyanokoto.net/

※「オヤノコト」「家族のコト」「そろそろ親のこと」「オヤノコトドットネット」「親孝行旅行」「オトナ親子」は、株式会社オヤノコトネットの登録商標です

BIOGRAPHY

経歴

大学卒業後、株式会社リクルートを経て広告会社を設立。
1995年 身障者を対象にした我が国内初の本格的情報誌『WE’LL』(ウィル)を創刊。
1997年 シルバーサービス振興会「シルバーサービスに関する調査研究事業」研究委員就任
1999年 “通産省(現.経済産業省)と日本国際博覧会協会による「少子・高齢化に対応した新しい社会のあり方検討委員会」委員就任。宮城団体バリアフリーアドバイザー就任。”
2000年 TBSドラマ「ビューティフルライフ」考証&演技アドバイザー。Yahoo!japanバリアフリーコンテンツのプロモート。
2001年 『WE’LL』編集長を退き、
2002年 子どものためのバリアフリー情報誌『アイムファイン』創刊。自動車メーカーの福祉車両のマーケティング戦略へのコンサルテーション、海外大手医療機器眞エーカーのマーケティングアドバイザーを務める。
2003年 JETRO外郭団体の財団法人対日貿易投資交流促進会(ミプロ)と子どもたちのための福祉機器展、「MIPROキッズフェア」を企画・共催開始
2004年 東京モーターショー「バリアフリーコーナー」全体プロデュースなど手掛ける
2005年 震災10年の関連イベントとして神戸空港や神戸市と連携して「MIPROキッズフェア神戸」を開催
2006年 日本生活支援工学会評議員就任。財団法人にいがた産業創造機構で講演。
2007年 タレントの清水國明氏、クラブツーリズム株式会社(近畿日本ツーリスト関連会社)と「キッズキャンプ」(河口湖)をプロデュース
2008年 高齢化の急速な進展による社会課題解決事業として、「そろそろ親のこと®…」をキーワードに、高齢の親とその子ども世代(「オヤノコト」®世代)を対象にした「オヤノコト.エキスポ」(後援:経産省、厚労省ほか)を立ち上げ。
2009年 株式会社オヤノコトネット設立。『歳を重ねることを不安に感じない社会を創る』というミッションのもと、「オヤノコト.マガジン」の企画・発行や自社WEBサイト「オヤノコト.net」(https://www.oyanokoto.net/)の運営、「オヤノコト」世代の交流サロン「オヤノコト.ステーション」の運営、介護離職問題解決のためのコンサルティングや研修をはじめ、企業のマーケティング支援を中心に多角的に活動している。
2015年 3月「オヤノコト.サミット」(前.オヤノコト.エキスポ)開催
2017年9月 夕刊フジ「介護離職に備えよ」 *連載開始
2019年 「銀座オヤノコト.塾」(1月)、「銀座オトナ親子®フェア」(9月)を開催。

現在、「夕刊フジ」にて、『人生100年時代 これからどうする』連載中。

BOOK

・『そろそろはじめる親のこと』(自由国民社) *2018年9月発売

講演

「親のこと」「老後のこと」を発信してきたノウハウとネットワークを生かして、誰にでもわかりやすい講演をいたします。
・そろそろ親のこと、40歳を過ぎたら備えておきたいこと
・オヤノコト入門 ―40代、50代のための転ばぬ先の備え方
・人生100年時代、シニアのための賢い生き方、暮らし方
・介護離職に備える!高齢化と人口減少で何が起こっているのか?
・だから、高齢者ビジネスは失敗する、知っておくべきシニアビジネスの肝