• 坂井伸一郎
メンタルトレーナー

坂井伸一郎(さかい・しんいちろう)

生年月日
1970(昭和45)年5月21日
出身地
東京都
サイズ
186cm / 80kg
経歴
成蹊大学法学部法律学科卒業(1993年3月)
株式会社髙島屋勤務(1993年4月~2006年5月)
株式会社ホープス 代表取締役(現在)

BIOGRAPHY

自らはテニス競技経験者

自らはテニス競技者として中学生から大学卒業まで活動。
競技者としての成果・成績は残せなかったものの、父 坂井善郎は、1965年 第20回甲子園ボウル(アメリカンフットボール)優勝、叔父 坂井利郎は、日本テニス協会の常務理事(現任)、従弟 坂井利彰は、慶應義塾大学体育会庭球部監督(現任)、義父 鶴島琢夫は日本卓球協会の評議員(現任)を務めるなど、アスリート環境の中に身を置く中で、その経験や環境からアスリートを中心としたプロフェッショナル人材に対する育成・教育に関心を持つようになり、現在に至る。

年間70日超 のべ1200人を超えるアスリートに座学指導の実績を有する国内屈指のアスリート研修の専門家

プロ野球4球団に加えて、10を超えるスポーツ競技団体や多くのアスリート個人からの依頼を受け、座学スタイルによる選手及び指導者に対する競技成績向上支援(=アタマを使って強くなる)を受託・実施している、国内では稀有な存在。その実績数は直近の2017年だけでも研修回数で70回、指導人数でのべ1200名を超えている。

講演内容

※インターデザインフォーラム TOKYO 2017 VOL6(2018/11/17)における坂井講演の書き起こし。
http://www.hopes-net.org/blog/wp-content/uploads/2018/02/e537f828777460dad2783284ca8e6989.pdf

NEWS

最新情報はありません。