ホーム
生島ヒロシ コーナー
所属タレントプロフィール
俳優・女優プロフィール
浅野温子
白石まるみ
生島翔
橘真由
木の葉の子
山田明郷
広瀬剛進
大佐藤崇
新井晴み
三田佳子
業務提携タレントプロフィール
タレント、文化人講演テーマ
キャスター・レポーター・タレント募集
会社概要

所属タレントプロフィール

生島翔(いくしま しょう)




ダンサー、俳優

生年月日1985(昭和60)年7月28日
出身地東京都
サイズ身長170 / 胸囲86/ ウエスト71 / ヒップ86 / 頭回り61 / 首回り35 / 肩幅49 / 袖丈54 /背丈45.5 / 股下80 / パンツ丈76 / 靴24.5
趣味料理、アクロバット、旅行
音のパート ハイバリトン
音域 A2〜B4
学歴
小・中学校 学校法人暁星学園
高校 Idyllwild Arts Academy
大学 New York University
   Tisch School of the Arts
2009-2010 ドイツ カッセル州立劇場
2008-2009 Palissimo
2008-2009 Brian Brooks Moving Company
2011 UPS(United Performer's Stuido)
2011 サイマルアカデミー通訳科
資格
TOEIC 975点
普通自動車免許(MT日本/アメリカNY州)/ 大型自動二輪
調理師免許
PADI スキューバダイビングライセンス
























 東京都出身。15歳でカルフォルニアにダンスを勉強するために単身渡米。
ニューヨーク大学ティッシュ校ダンス科を3年で卒業。
大学卒業後、PalissimoやBrian Brooks Moving Companyなどのカンパニーで踊る傍ら、
振り付け家としても活動を始める。またこの頃にジョン・ストラスバーグのもと演劇を学び始める。
NYで6年間過ごした後、カッセル州立劇場とソリストとして契約、ヨーロッパに拠点を移す。
2009年度のインポルスダンス ダンスウェブスカラーシップに選ばれる。
2010年に帰国、映像、舞台、ラジオなど様々な分野で幅広く活動、ダンスは演者としてだけでなく、
振付けや企画などにも携わる。


活動など

主なレギュラー番組
・JFN系列ラジオ 『Clippin' Japan』(全国11局ネット)
毎週日曜8:30〜 ほか *メインパーソナリティー

映画
・2015年02月14日公開 『悼む人』
・2014年05月16日公開 『闇金ウシジマくん Part2』颯(はやて)役

テレビ
・2016年07月12日 BSジャパン『男と女のミステリー時代劇 第八話「宿場の大盗」』
・2016年03月12日 BSジャパン『ドラマレジェンドソング 赤いスイートピー』
・2016年03月11日 TBSチャンネル1 ドキュメンタリードラマ
『Kesennuma, Voices.5東日本大震災復興特別企画〜2015 堤幸彦の記録〜』
・2016年02月05日  NHK BSプレミアム『大岡越前3 第5話』
・2016年01月17日 WOWOW 連続ドラマW『撃てない警官』第二話
・2015年03月11日 TBSテレビ、TBSオンデマンド、TBSチャンネル1ドキュメンタリードラマ
『Kesennuma, Voices.4東日本大震災復興特別企画〜2014 堤幸彦の記録〜』
・2014年03月11日 CS-TBSチャンネル ドキュメンタリードラマ
『Kesennuma, Voices.3 東日本大震災復興特別企画〜2013 堤幸彦の記録〜』
・2014年10月20日 BS TBS『アジア太平洋ダンス選手権大会』*インタビュアー
・2014年10月08日(4週間出演) Eテレ『大!天才てれびくん』織田信長役
・2013年04月期連続ドラマ 日本テレビ『35歳の高校生』*樋口浩一役/レギュラー
・2013年04月01日 フジテレビ『リッチマン、プアウーマンSP』*樋口役
・2013年03月11日 CS TBSチャンネル ドキュメンタリードラマ
『Kesennuma, Voices.2 東日本大震災復興特別企画〜2012 堤幸彦の記録〜』
・2012年05月04日 フジテレビ『金曜プレステージ 小京都連続殺人事件 スパイスは復讐の味』
・2012年03月11日 CS TBSチャンネル ドキュメンタリードラマ
『Kesennuma, Voices. 東日本大震災復興特別企画〜堤幸彦の記録〜』
*第2回衛星放送協会オリジナル番組アワード「ドラマ番組部門」最優秀作品賞
・2011年 NHK ワールド『Tokyo EYE』

舞台・ミュージカル
・2016年 舞台『超緊急特別番組』脚本・演出:禱あきら(ポケットスクエア 劇場MOMO)
・2015年 舞台『十二夜』演出:ジョン・ケアード(日生劇場)
・2014年 ミュージカル『ヴェローナの二紳士』演出:宮本亜門(12/7〜1/25 日生劇場、福岡、名古屋、大阪)
・2014年 舞台『MOTHER』脚本/演出:藤森一朗(エアースタジオ)(9/19〜21 新国立劇場)
・2014年 舞台『12Angry Man〜十二人の恐れる男〜』演出:小野田良(高田馬場 RABINEST)
・2013年『MOTHER』脚本/演出:藤森一朗(新国立劇場)
・2013年『PRIDE−プライド−』 脚本/演出:藤森一朗(エアースタジオ公演)

ラジオ
・2014年01月〜09月 FM横浜『Dance Dance Dance』*レギュラー/パーソナリティー
・2013年10月04日(4週出演) ラジオ日経-第2『Happy Hour』
・2011年 FM世田谷『生島翔のHello えるも〜る烏山』*レギュラー/パーソナリティー
・2010年 FM群馬『B定食』*ゲスト出演

ダンス
 ・2016年05月19日 生島翔 VENE2016ローンチイベント
動画 ➠ VENE MOVIE GALLERY
・2012年 グループス MLB開幕戦 シアトル・マリナーズ VS オークランド・アスレチックス(@東京ドーム)
・2012年 プロ野球開幕戦 巨人−ヤクルト戦(@東京ドーム)
・“Catcher” ダンサー
芸術監督:Johannes Wieland 会場:Staatstheater Kassel (Hessen, Germany)
・“Transformers” ダンサー
振り付け:Eszter Salamon and Christine De Smidt 会場:MuseumsQuartier
Halle G (Vienna, Austria)
・“Bear Girl King” ダンサー
振り付け:Yossi Berg and Oded Graf 会場:Staatstheater Kassel (Hessen, Germany)
・“reinhardswald” ダンサー
芸術監督:Johannes Wieland 会場: Staatstheater Kassel (Hessen, Germany)
・“Weddings and Beheadings” ダンサー
振り付け:Pavel Zustiak 会場:Ailey Citigroup Theaters (NY, USA)
・“Rapid Still” ダンサー
振り付け: Brian Brooks 会場:Symphony Space (NY, USA)
・“Pinata” ダンサー
振り付け:Brian Brooks 会場:Dance Theatre Workshop (NY, USA)
・“JumpCut” ダンサー
振り付け:Keith Thompson 会場: Dance New Amsterdam Theater (NY, USA)

演 劇
・“Whose Life Is It Anyway? ” Ken(主役)
脚本:Brian Clark, 監督: John Paul Figasso, Accidental Repertoire Theater (NY, USA)
・“You Can Count On Me” Terry(準主役)
脚本: Kenneth Lonergen 監督:Dennis Davis, Accidental Repertoire Theater (NY, USA)
・“Wait Until Dark” Harry(準主役)
脚本: Frederick Knott 監督: Judy Krause, Accidental Repertoire Theater (NY, USA)
・“Glass Menagerie” Tom(主役)
脚本: Tennessee William 監督:Dennis Davis, Accidental Repertoire Theater (NY, USA)

振り付け
・“CMND@” 会場:アサヒアートスクエアー(日本、東京)
・“Game/Plan” 会場:TIF State Theater Kassel (ドイツ、ヘッセン)
・“Surfin’ Safari” 会場:アサヒアートスクエアー(日本、東京)
・“Happy Dayz” 会場:CAVE (アメリカ、ニューヨーク)
・“Obscene Interagency” 企画:New Groundings
会場:Mulberry St. Theater(アメリカ、ニューヨーク)